設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

賃貸物件の仲介手数料、礼金、更新料は、交渉によってある程度は値引きすることも可能な場合があります。

設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう
設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

賃貸物件の仲介手数料と礼金について

賃貸物件を借りるときには、敷金の他、礼金、仲介手数料も必要になります。入居した後も、通常は2年ごとくらいに更新料の支払いを求められます。これらを支払うのは仕方ないとしても、いくら支払うかについては要注意です。仲介業者に言われるまま支払うのではなく、交渉する余地がある場合もあるので、積極的に話し合いを持つようにしましょう。

賃貸物件の仲介手数料とは、その物件を紹介して、大家さんとの仲介をしてくれた不動産業者に支払う手数料です。相場としては家賃の1か月分とされる場合が多いですが、0.5か月分〜2か月分の間で様々なようです。礼金は大家さんに支払うお金で、家賃の1〜2か月分が通常です。これらを、不動産業者や大家さんに言われるままに支払うのは、実はもったいないのです。

賃貸物件の仲介手数料と礼金、更新料は、不動産業者や大家さんの胸先三寸で、ある程度高めに設定することもできるのです。逆に言えば、交渉次第である程度は値引きすることも可能だということです。仲介手数料と礼金が2か月ずつと設定されていれば、はっきり言って高いです。1か月分ずつで十分であるはずです。ぜひ、交渉してみましょう。もっとも、人気の物件だと難しい場合もあるようですが。