設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

賃貸物件を借りるときには必要となる礼金と更新料は実質的には家賃として考えておく必要があります。

設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう
設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

賃貸物件を借りるときの礼金は要注意です。

お気に入りの物件が見つかり、賃貸の契約をするときには、特に初めての人にとっては、いろいろ難しい用語が出てきます。敷金、礼金、仲介手数料などという言葉も、初めての人にとってはよくわからないかもしれません。このうち、礼金というのは初めにだけかかる費用だとしか考えていない人が多いと思います。しかし、多くの場合は入居してから2年ごとに更新料というものを支払うよう求められます。

たとえば、家賃が月6万円の賃貸物件で、2か月分の12万円が礼金だったとします。こういうケースでは、2年後にまた更新料として12万円を要求され、その後も同じです。つまり、2年ごとに12万円が必要となります。12万円を24か月で割った5千円を毎月の家賃にプラスすると6万5千円となります。借り主の負担としては、6万5千円が実質的な毎月の家賃ということになります。

したがって、賃貸物件の家賃を下げる交渉をするときは、毎月の賃料だけでなく、礼金や更新料を少しでもカットすると、実質的には家賃を値下げしてもらったのと同じ効果があることになるのです。上の例では礼金、更新料は2か月分で12万円でしたが、これを1.5か月分の9万円に下げてもらったとします。そうすると、9万円を24か月で割った1250円の家賃引き下げと同じ効果があるのです。

お役立ち情報