設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

賃貸住宅は、毎月の家賃の負担はあるものの、メリットもたくさん挙げられます。最近ではリノベーションも人気です。

設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう
設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

身軽で快適な賃貸住宅

賃貸住宅とは、基本的に決められた賃料を払ってそこに居住することを言います。マイホームの方が格上に見られることが多いですが、そんなことはありません。住宅ローンなどに縛られることもないですし、結婚や出産などの生活スタイルの変化によって気軽に引っ越すことができることは、大きなメリットだと言えます。また、自分の持ち物ではないため、例えば備え付けのエアコンが壊れたり、水道が水漏れしたりの家のトラブルも、ほとんど家主側の負担で修繕を行なってもらえます。ただし、借主の不注意で起こった故障などの場合は、借主の負担となることもありますので、注意してください。

賃貸住宅というと、引っ越す際には原状回復といって、借りた時の状態に戻すことが条件となることが一般的でした。つまり、家主の承諾なしで壁に穴を開けたり、壁紙を替えたりしてはいけなかったのです。しかし、最近はリノベーション物件という新しい賃貸住宅のスタイルが確立しつつあります。これは、賃貸でありながら、入居時に自分の好みに合わせて壁紙をオーダーできたり、間取りを替えたりできるというもので、しかもその費用は家主持ちということが多いようです。建物の老朽化などで入居者不足に陥っていた物件も、リノベーションを導入したことで大人気となり、空き部屋待ちが出るほどになることも珍しくありません。