設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

マンションンオーナーはペットと同居する入居者はルールなどで定期借家契約で賃貸借契約を結ぶことで回避できる

設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう
設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

大家さんが考える空き室が無い賃貸物件とは

現代ではペットも可能な賃貸マンションも増えてきました。しかし、ペットを飼っている人が多い割には、まだまだペット可の物件は少ないのが現状です。今後もペット同居希望者の数は増えると予想されます。マンション経営者側としては空室が出た後なかなか入居者が決まらない場合にはペット可にするだけで他の物件との差別化ができます。当然、他の入居者とのトラブルを回避しなければなりませんので、対人保険や予防接種は入居の条件としておくことです。それでも他の入居者への迷惑を与える可能性を想定して対策などを考えておく必要があります。

その為にはマンションンオーナーはペットと同居する入居者とは定期借家契約で賃貸借契約を結ぶことでマナーや入居者のルールを守れない入居者は契約満了とともに再契約を拒否することができるので、トラブルの長期化を防ぐことができます。今後少子高齢化は避けられませんが、逆に今後首都圏や中心都市に学生の数は増えると予測されますので、空室が出てしまった物件が大学や専門学校へアクセスしやすい立地であれば学生をターゲットにすることで安定的な経営を図ることができます。大家さんとすれば学生の場合は親御さんとの連帯保証人になり、家賃の滞納などの心配がないメリットがあります。

お役立ち情報