設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

賃貸住宅では、賃貸人は賃借人を無断で排外することはできません。賃借人は住居を確保できるのです。

設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう
設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

賃貸契約の賃借人と賃貸人の関係

賃貸生活には、いろいろとトラブルもつきものです。しかしどんなにトラブルを起こしたとしても、立ち退きを要求されることはほとんどありません。賃貸契約とは、それが双方の合意に基づいた契約であるとはいえ、かなり賃借人の側に有利な契約形態になっていると言えるのです。

賃借人は、すなわち部屋を借りている立場であるわけですが、しかし部屋の持ち主である大家が勝手に貸しているその部屋をいじることは許されません。すなわち、大家は合鍵を持っているでしょうが、その合鍵でもって、賃借人に無断で部屋に入ったりした場合には、住居侵入罪に問われる可能性があります。その部屋の持ち主が大家であったとしても、それを現在進行形で誰かに貸していると言ったような場合は、いわば占有者として賃借人を立てているわけで、その限りにおいて賃借人の許可なく部屋に入れば、侵入という扱いを受けてしまうわけです。だから賃貸契約というのは、その分契約によって賃貸人の行動を制限するためのものでもあり、たとえば賃借人に家賃滞納などの一種の契約違反があったとしても、それをもって立ち退きのための強制執行などをすることはできず、賃借人はその住居を確保することができるということなのです。

お役立ち情報