設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

賃貸を借りるときに渡される契約書は、内容をよく読んで確認しておくことです。住む前に、しっかり条件を確認します。

設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう
設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

賃貸契約の契約書は、よく読んで理解する

賃貸契約に必要な契約書類、内容はよく読み納得した上でサインをすることが大切です。家賃の支払い方法は、説明通りか確認します。支払い方は、銀行引き落としなのか、振り込むのか、直接大家に渡すのかなど、確認しておきましょう。賃貸をかりると、ほとんどの契約は2年なので、更新時期が近づいたらお知らせが来ます。更新するということは、賃貸に住み続けること、住み替えるなどのタイミング時期でもあります。更新する場合は、更新料が発生します。およそ家賃のひと月分が目安となっていますが、契約の時には費用も確認しておくとよいでしょう。賃貸契約をしたら、契約期間は住むことになるので、禁止事項の内容も把握しておきます。

契約者が住むという本来の目的以外の使用となった場合、禁止事項に違反することになります。造作の変更や転貸、別途飼育禁止など、禁止事項は守るようにしましょう。解約についても、契約書に記載されていますから、退去するときにはいつまでに連絡化など、チェックしておきましょう。ひと月前までに申し出るように規定があることが多いですが、中には二か月前までに申し出るなど様々なケースがあるので、無駄な出費にならぬよう確認しておきます。