設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

確実に戻ってきて、トラブルなく数年後に契約を終了させる為には、定期建物賃貸借という方法で契約を結ぶことです

設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう
設備機器が充実している賃貸物件を借りて暮らそう

買ったマンションを一時的に賃貸する場合

マンションを購入したのに急に転勤などで一時的にマンションを貸す場合、数年後には戻ってきて再びそこに住むことを計画しているはずです。しかし、通常の賃貸借契約では契約期間終了後も簡単に立ち退いてもらえないことがあります。これは不動産の貸し借りについて定めた借地借家法が、従来から借り手を強く保護する内容になっている為です。通常の賃貸借契約では、普通は立ち退き料も必要になってきます、一度賃貸に回すと、再び住みたい人にとっては住まいを取り戻すには、大変骨の折れる仕事だということです。立ち退いてもらうには、契約期間が終了する1年前から半年前に更新しないという意思を示し更に今住んでいる人よりも自分の方がその住まいが必要だという強い理由が必要になります。

その為に確実に戻ってきて、トラブルなく数年後に契約を終了させる為には、定期建物賃貸借という方法で契約を結ぶことです。これは一定の期間がくれば更新しないということを事前に定めた契約方法になります。この契約を結ぶ時は更新がなく、期間が終われば契約は終了することを事前に借りる側に説明して書面にも明記する必要があります。又、借りる側には契約終了前の1年前から6ヵ月前までに終了する旨の通知も必要です。

お役立ち情報